← 前へ                                                           次へ →

028  保津川下りの始まり 篠町山本の浜

京都亀岡028_保津川下りの始まり

保津川下りの始まり 篠町山本の浜

 トロッコ電車亀岡駅から保津川を見ると手前に広がるのが山本の浜。大正8年ここに地元有志が「嵐峡乗船株式会社」を設立したのが保津川下りの始まりです。開始当初は外国人に大人気。大正11年には英国の皇太子が川下りをされ、地元民総出で警護、歓迎を行ったとされています。現在は毎年5月に篠町自治会が用意した、たくさんの鯉のぼりが空を泳ぐ姿を見ることができます。その数約150匹。町内の各ご家庭に眠っていたものや、昨年のものを手で塗って直したものを使っているそうです。

Beginning of Hozu River raftingYamamoto-hama, Shino-cho

Yamamoto-hama is a beach that spreads in front of Torokko Kameoka Station toward the Hozu River. Hozu River rafting started when local volunteers established a company named Rankyo Josen Co., Ltd. in 1919 here. The cruise immediately attracted foreigners’ attention. It is said that the British Crown Prince enjoyed the cruise in 1922, at which time all local people welcomed and guarded the Crown Prince.

保津川漂流的起點 篠町山本之浜

 從觀光小火車龜岡站往保津川方向望去,在您面前展開來的就是山本之浜。1919年,本地的志願者在此處設立了“嵐峽乘船株式會社”,這便是保津川漂流的起點。開業後很受外國人歡迎。1922年英國的皇太子就來乘坐了漂流,曾轟動一時,本地出動了全部力量進行警衛和歡迎。

호즈강 뱃놀이의 시작은 시노쵸야마모토의 강변

도롯코열차 가메오카역에서 호즈강을 바라보면 앞에 펼쳐진 있는 것이 야마모토의 강변.  1919 지역유지가아라시마쿄 승선주식회사 설립한 것이 호즈강 뱃놀이의 시작입니다.

개시당초에는 외국인에게 대박 인기. 1922년에는 영국의 왕세자가 뱃놀이를 하게 되면서, 지역주민의 총출동으로 경호와 환영을 받은 것으로 알려지고 있습니다.

周辺写真

ラフティング

ラフティング

桑田神社

桑田神社

京馬車

京馬車

マロッコ公園

マロッコ公園

 

京都・亀岡ひとまち百景事務局

内藤印刷株式会社
〒621-0862
京都府亀岡市西町39
TEL:0771-22-1239
FAX:0771-22-0132
MAIL:naito39@oak.ocn.ne.jp

ページの先頭へ