Bコース  都人の生活をささえた保津川 ~了以が築いた「保津川下り」~



保津川下り

 亀岡から嵯峨まで16kmに及ぶ保津川下りは、今日世界的に有名な舟下りとして知られ、年間を通じて約30万の観光客が訪れ、四季それぞれの自然美とスリルを満喫できます。
保津川は1606年 (慶長11年)に京都の豪商角倉了以(すみのくら りょうい)によって開削されました。この水運は豊富な丹波の物資を運ぶための水路でした。交通網の発達により明治28年頃から、遊船として観光客を乗せた川下りがはじまり今日に至ります。

       ↓

旧保津川下り乗船場より旧商工会館を臨む

 2011年まで保津川下りの玄関口として賑わっていた旧乗船場です。桂川河川改修事業で行われる堤防嵩上げ工事にともない、従来より30m下流に移転し新たなスタートを切りました。写真左奥の建物は亀岡商工会議所の活動拠点となっていた旧商工会館ですが、元来、「保津川観光会館」と名付けられた阪急の観光ホテルでした。

       ↓

牛松山と沈下橋「保津小橋」

 この小橋は、保津川下り乗船場の少し下手に架かっています。この橋には欄干がなく、また堤防よりも低いところに橋があります。このような構造の橋を沈下橋と言います。
通常は車も通れるのですが、増水時には濁流が橋を越えて流れ、川の底に沈ませることにより流木などが当たるのを防ぎ、橋が流れないようにする工夫がなされています。
そんなわけで橋の上に立つとなかなかスリルがあります。

Bコース おすすめのお店

ラフティング:保津川遊船企業組合 所:亀岡市保津町下中島2 Tel:0771-22-5846 HP

BOARD WALK KAMEOKA ボードウォーク亀岡 所:亀岡市三宅町2丁目6−3ルシアル三宅B号 Tel:0771−56−8898 HP

京都・亀岡ひとまち百景事務局

内藤印刷株式会社
〒621-0862
京都府亀岡市西町39
TEL:0771-22-1239
FAX:0771-22-0132
MAIL:naito39@oak.ocn.ne.jp

ページの先頭へ