活動ブログ

2014.09.30.

竹細工。千歳町毘沙門では、今も伝統の竹細工ガ行われています。 江戸時代中期保津村で竹籠を作っていた浪人に、教えを受けたのが 始まりとされています。

2014.09.30.

下矢田にある那須与市堂です。 弓の名手 那須与市が病を治した 所です。

2014.09.29.

保津川下りの体験を、文豪 夏目漱石が小説 虞美人草で次々に現 れる絶景や船頭の棹さばきなど、その素晴らしさを描いています。

2014.09.28.

一虚一実、、「妖怪ウォッチ」大流行り

 一虚一実、、「妖怪ウォッチ」大流行り

 京都一乗寺通の「妖怪商店街」での写真であります。
 かめおか百景とは関係ないじゃないか、バカヤローの声もおありでしょうが、
画面左上のポスターにご注目いただきたい。
 この亀岡から遠方の地、すなわち都に近い京都一条に、「コレージュ•ド•カメオカ」の文字が小さいですが、ひときわ目立っているではありませんか。ポスターの内容は「水木しげると妖怪文化」=△=。まぁ、「かめおか百景」とは言いづらいですが、、。
 一条商店街の取り組みは、努力の賜物だと思います。 
 しかし、いまや、妖怪といえば「妖怪ウォッチ」。
 水木しげる氏や京極夏彦氏は古の過去。 いま、流行は「妖怪ウォッチ」であります。
 
 妖怪ウオッチとは? ご存知ない方はどうぞ→ www.youkai-watch.jp
 
 現代は一虚一実の予測困難な時代ではあります。後追いしても虚しく徒労に終わるだけであります。
 
 (ー○ー)妖怪ラーメンですが、食欲湧かず食レポ無し!
2014/9/28 記:原田
 

2014.09.28.

千歳町愛宕神社の社叢林には、ムササビが生息。夜行性で主に樹上 で生活し、大きな木の空洞を棲み家としています。

2014.09.27.

亀岡駅北側道路地下道

 亀岡駅北側道路地下道

べつに、オススメでもなんでもない場所なのですが、
 ひとつ、レアな場所をご紹介したいと思います。
「亀岡駅北側道路地下道」です。
 駅北側の、畑を分断する道路の行き来するトンネルですので8メートル程の長さ。
 長閑な畑からこのトンネルに入りますと近未来的な趣が味わえる希少な場所です。
 おどろかされるのは、まるで地下のワインセラーのようなヒンヤリとした空気感です。夏の炎天下からこの場所へ踏み入れますと、その変化に思わず立ち止まるのです。
 短いトンネルですので、当然あちらの世界が筒抜けに見えますので、こちらとあちらの視覚的変化はそう変わらないのですが、その短い移動の行程の皮膚感覚の変化が大きいため、見知らぬ世界へ抜けるのではないかという、一種の期待感すら味わえるのです。
  2014/9/27  記:原田

2014.09.27.

明治14年京都宮津縦貫道路建設に着手。この時に老ノ坂 松風洞 トンネルや、眼鏡橋が開通しました。

2014.09.26.

煙突、関酒造前にて

  亀岡の「旧町」と呼ばれる地域には今も古い町並みを懐古させる物件が点在しています。

 古い町並みなので通りは狭いです。ですから歩行している視野には入りづらいのが、こういった煙突の類いです。
 この物件は酒蔵の煙突です。整然とした瓦の向こうに赤煉瓦の継ぎはぎ模様、いわゆるパッチワーク柄がアート的であります。 本来なら引きの全体の建物を写したいところでしたが、あいにく100mmの望遠レンズしか携行しておりませんでしたので、思いきって構図を切り詰めました。
 普通は邪魔物扱いの電線を意図的に取り入れ、緊張感のある画になったと思っております。白い碍子も効果的なアクセントであります。
 酒蔵ときましたら、当然試飲レポートとなるわけですが、あいにく金銭も携行しておりませんでしたので、またの機会という事にいたします。
2014/9/27 記:原田

2014.09.26.

東光寺さん 千歳町

2014.09.25.

かめまる生息地

 南郷公園にある、通称「南郷池」。
狭い池ですが、ごらんのように釣り人が多いです。毎度、こんなに釣り人が訪れたら魚がいなくなると思うのですが、どうやらキャッチ&リリースが基本のヘラ釣りのようです。ですから魚が減る事はなく、その行いのせいか、サギなどの野鳥の数も多いです。


それより、群を抜いて数を増やしているのは「ミドリガメ」。私もこの池で糸を垂らした事がありますが、即座に亀が寄ってきて危うく針を飲まれるところでした。慌てて糸を引き上げるときにカメの甲羅の端に針がかかり、やもおえず岸まで寄せました。捕らえたカメは20センチ超え。石を引き上げる感じと同じなので、カメ釣りはまったく面白くもないのでした。
関連イラスト:www.kameokahyakkei.info/ichiran/nangounoohori/
ついでですが、かの「明智かめまる」の生息地です。

2014/9/24 記:原田

2014.09.25.

極楽寺さん 千歳町

2014.09.24.

夢コスモス園

 季節も晩夏から初秋へ移ろい、凋落をむかえた彼岸花には暫しお別れ。
控えたるは秋桜。花のリレーにいとまはありません。
亀岡、吉川町の夢コスモス園には幾千本の彼の花が、時期焦燥ではありますが開花の時を控えております。


晩秋まで続くこの園に、ぜひともタイヤをすり減らしてでもお運びください。
三ツ星に値する(亀岡では^〜^)この光景に耽美に埋没する事にならぬよう、おきをつけください。
夢コスモス園:www.kameoka.info/feature/cosmos/
関連イラスト:www.kameokahyakkei.info/ichiran/kosumosuen/


2014/9/24 記:原田

2014.09.24.

神応寺さん 千歳町

2014.09.23.

斜陽の頃はドラマチックな光景

 また彼岸花か、、と、お思いでしょうが、、。

 曽我部町のひがん花は本日9月23日時点では満開を過ぎたようです。遠目からは鮮烈な赤色のラインを保っていますが、近寄ると萎れた花が多数あります。
 この花の特異な形から近接撮影はどうしても外せない表現ですので、期を逃さず事をお祈りいたします。
 この場所は比較的見通しが良いので広角、望遠と表現の幅は広いと思います。
また、人と自然のバランスが良く、ツーリングする人や野鳥を取り入れて作画するチャンスも多いのが特徴です。
 関連情報とイラスト: http://www.kameokahyakkei.info/ichiran/higanbana/
 斜陽の頃はドラマチックな光景を見る事も多いです。
                
 
記:原田  2014/9/23
 
 

2014.09.23.

蔵宝寺さん 千歳町

2014.09.22.

曽我部町「彼岸花の里」

 曽我部町「彼岸花の里」 

 季節柄、彼岸花の写真が続いています。
 9月21日の日曜日に曽我部町「彼岸花の里」に写真を撮りに行きました。
 全体の様子は過去記事の9月10日、18日の通りです。
 「彼岸花の里」と のぼりを上げたり、野菜売りの小屋があったりするのですが、駐車場も少なく、来られた方々は路上駐車。
 まぁ田舎のイイところでもありますが(^〜^。
 亀岡運動公園に駐車して田んぼ道を徒歩で散策しながら行くといいかもしれません。
                          イナゴがいる
ここに来られる方はほぼアマチュアカメラマンのようです。私もその1人ですので、その視点で、、。
 
 minolta、ミノルタのカメラです。「稔る田」という意味があるという事です。「実るほど頭をさげる稲穂かな」との謙虚さ。
                      記:原田 2014/9月22日

2014.09.22.

金光寺さん 千歳町

2014.09.21.

保津橋と彼岸花です。今日はこれから保津おやじの会で保津橋の草 ひきします(* ⌒▽⌒*)

2014.09.20.

巡礼道 穴太寺が有ることから、札所の方向を示した道標が数多く 残されています。 中でも、曽我部町重利にあるのは、高さ165 ?も有ります!

2014.09.19.

内藤印刷旭工場前の景色です。

2014.09.18.

牛松山にいってきました。

 日曜日、秋晴れで気持ちよかったので牛松山に行ってきました。

登山口にある福性寺さんの門が、光と緑の美しさを極めている感じでとても爽快。

自分の住んでる町を 高いところから見るのは妙に新鮮なものです。

亀岡が見渡せるところといえば安行山の展望台ですが、牛松山からの眺めもいいものです。。。

2014.09.18.

亀岡市内各地でひがん花が見頃です。

2014.09.17.

塩屋町通り。

2014.09.16.

保津川遊船ラフティング。保津小橋にて撮影。

2014.09.15.

保津川遊船乗船場上流にあります。ここでお弁当食べたら美味しい やろな!

2014.09.14.

出雲大神宮に新しい石碑誕生。

2014.09.13.

和らぎの道 七谷川です。

2014.09.12.

耕雲寺駐車場からの景色です。

2014.09.11.

イラストをつかっての名刺の制作を始めました。

 

2014.09.11.

8月9日から昨日まで運休していた保津川下りが本日より再開しま す。

2014.09.10.

曽我部のひがん花咲き始めました!

2014.09.10.

曽我部町の與能神社さんです。

2014.09.09.

平の沢のオニバス花が咲き始めました。絶滅のおそれがある稀少な 植物で、京都府内では唯一ここだけに自生しています。千歳町

2014.09.08.

亀岡の名木 梅田神社ムロノキ

2014.09.07.

出雲大神宮に参詣したところ、狛犬が後ろ向きなので、神宮に由緒 を尋ねたところ、これは子どものいたずらですといって狛犬を据え 直したので、感動も無駄になってしまったという滑稽話が徒然草に 載っています。

2014.09.06.

保津町は大家族宣言の町なんです!この看板の保津川下りの写真は 私が撮影しました!

2014.09.05.

出雲大神宮・真名井の水 千歳町 この水は社殿の背後にある神体 山の御影山の石灰岩層でろ過されて湧き出る事から、ミネラル分が 豊富に含まれています。

2014.09.04.

今年の春亀岡検定に合格した時にバッジをいただきました。

2014.09.03.

市章 昭和30 年4月制定 保津峡の頭文字Hを図案化、市民の団結と四方に伸び る大進展を表現しています。

2014.09.02.

新作できました。保津川下り写真バージョンです。

 

2014.09.02.

明智越ハイキングコースです。保津町にある明智越は、明智光秀が 本能寺の変の直前に、亀山城から愛宕山の愛宕神社へ参詣した時に 通ったとされる道です。

2014.09.01.

保津町の新しい道

初めて通りました。凄く美しい田園と亀岡市の眺めで、パチリと思わずシャッターをきりました。クルマで走るのがとても気持ちのよい道です。

2014.09.01.

保津火祭りのお旅所です。

京都・亀岡ひとまち百景事務局

内藤印刷株式会社
〒621-0862
京都府亀岡市西町39
TEL:0771-22-1239
FAX:0771-22-0132
MAIL:naito39@oak.ocn.ne.jp

カレンダー

«9月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ